トップ

クリニックの経営は

クリニックを経営する事について

クリニック経営は地域への貢献

クリニックを経営することは、その地域に対する大きな貢献をするという意義があります。何故ならば、その地域に密着した医療機関として、地域住民の方たちの健康に貢献できるからです。大きな総合病院はさまざまな病気やけがに対応することができますが、多くの患者さんに対応する必要があることから、個々の地域に密着することは難しい面があります。これに対して、クリニックは、その経営規模は小さいことが多いのですが、その分、より地域に密着し、近くの住民の方のホームドクター的な役割を果たすことができることから、病気の初期状態での診断や専門医への紹介、あるいは健康診断への対応が可能となります。

経営における注意について

医師免許を持っている人は大学病院などで医師としての仕事を続ける人と、自分でクリニックを開業する人に分かれます。もちろん、経営のための準備が必要ですから、誰でもが気軽に開業できるわけではありません。患者さんがお客さんですから、その観点から消費者ニーズを把握する姿勢が必要です。つまり、医師としての技術力だけではなくクリニックの経営者としての視点が必要になるのです。自分にその素質があるかどうかを見極めることが大切になります。大学で勤めている限りはサラリーマンにすぎません。それで満足できる人もいます。どちらが正解と言うことはありません。

↑PAGE TOP